卵の新常識!「食べ過ぎでコレステロールが上がる」の嘘の理由

egg01

どうもラヴィです!

フワフワたまごのオムライスに
あんかけトロ~のかに玉。
どちらも卵たっぷりじゃないと
美味しくないですよね!

でも卵って
「1日1個」までって聞くし・・・
と悩んでいるあなた!

実は「卵の1日1個説」
大きな間違いって知ってました?
卵を食べ過ぎると
コレステロール値を上げる
という
誤解の理由をご紹介します。

スポンサーリンク



卵1日1個説が広まったのはなぜ?

hatena
卵を食べ過ぎるとコレステロールの
摂り過ぎになるから体に良くない

とか、
動脈硬化になる
生活習慣病になる
なんて噂を聞いたことないですか?

卵は栄養価も高いのは事実。
しかしこれほどまでに
卵がコレステロール値を上昇させる
と一般に広まった理由が
1900年代にロシアで行われた実験の結果なのです。

それは
「ウサギに卵を食べさせ血中コレステロールを測る」
という実験。

その結果、
卵を食べたウサギのコレステロール値は上昇
動脈硬化を引き起こすと判断され、
卵=コレステロール値を上昇させる
卵=動脈硬化になる
といった間違った結論が広まったのです!

でも、よく考えてください。
ウサギって草食動物なので
そもそも卵を食べません。

何でも食べる人間とウサギでは
食品摂取による代謝構造が違うのです!
卵を摂取して血中コレステロール値が
上昇したのも当然のことなのです。

間違った対象での実験結果が
広まってしまい、
卵はコレステロール値をあげる
という間違った噂が広まったのです。

スポンサーリンク


完全栄養食品「卵」

では人間は卵を食べて
コレステロールを代謝出来るのか?
というのが重要ですよね。

結論から言えば
出来ます!

2週間、食事以外に1日3個の卵を
食べるという実験を行った結果、
コレステロール値に大幅な変化はありませんでした。

そして卵などの食品中の
コレステロール量が、そのまま血液中の
コレステロール値に反映されない、
食事中のコレステロールが、
心臓病などのリスクの増加に
関係しないことが実証されました。

それ以外にも
東フィンランド大学の研究者が
一週間に卵を約4個食べた男性と、
約1個食べた40~60代の男性との
19年間追跡調査をした結果

「2型糖尿病のリスクが37%も低くなりました。」
→→→糖尿病には、あのスパイスも効果的!

卵にはコレステロールだけではなく、
糖代謝にも必要な栄養素が含まれます。

さらに体に必要不可欠な「必須アミノ酸」
バランスよく含まれ免疫力の向上、
美肌効果にもつながります。

そして卵黄に含まれるレシチンには
善玉コレステロール(HDL)を増やし
血中コレステロールを減らす効果
があります。

それでも卵の食べ過ぎに気をつけたい人は?

egg02
卵は栄養価も豊富でみなさんに
食べてもらいたい食品です。
1日1個というのは昔の間違った常識。

健康な人なら1日3個までは
卵を食べても大丈夫です。

しかしその栄養価の高さから
・もともとコレステロール値が高い人
・高脂血症の人
は気をつけないといけません。

また
・健康でも運動不足の人
も、代謝不足から血中コレステロールが
上昇しやすくなります。
→→→卵だけでなく魚卵も気をつけましょう!

上記に1日3個までとしたのは
いくら卵が万能栄養食品だとしても
そればかりを食べては逆効果だからです!

卵1個のカロリーはおよそ80Kcal、
5個も6個も食べたら1食分のカロリーに
達してしまうこともあります。
それを毎日食べたら・・・

高カロリーな上、高コレステロール
なのは一目瞭然ですよね。

まとめ

卵はコレステロールを上げるから
1日1個までというのは
昔の間違った実験結果の名残り。

逆に卵のレシチンには
血中コレステロールを減らす効果もあります。

しかし
「卵は栄養価が高いから
どれだけ食べても大丈夫」
ではなく
「卵は栄養価が高いので
適度に摂取すると健康に良い食品」

と正しい認識をしましょう!

どんな良い食品でも食べ過ぎは
ダメですよ。
→→→ブロッコリーで体臭悪化?臭いの原因、他の副作用
→→→子供の海苔の食べ過ぎ注意点!

スポンサーリンク

コメントを残す