人参の先や表面が黒い!コレは食べられる?長持ちする保存方法


「人参が黒くなっている・・・」

どうもラヴィです。
食卓の彩りに欠かせない野菜の1つの人参ですが
冷蔵庫に保存しておいたらなぜか黒くなっている。
そんなことありませんか?

鮮やかなオレンジ色であるはずの人参が
黒くなっていたらビックリしますよね。
これって食べられるのか?
捨てないとだめなの?
せっかく調理しようと思っても
疑問が飛びかってしまいます。

今回は人参の先や表面が黒くなる理由と
人参の正しい保存方法をご紹介します!

スポンサーリンク


人参の先や表面が黒い!?食べられる?この原因は?

買ってきたり、頂いたりした人参を
冷蔵庫で保存しておいてのに、
使おうと思ったときに表面が黒くなっている、
人参の先が黒くなっている、
そんな状態のときはありませんか?

人参の表皮が黒ずんでしまう大きな原因は
「空気に触れる」
ことと
「温度変化」
によるもの。

人参は土の中で栽培され大きくなります。
でもスーパーで売っている人参は
泥もなく、キレイな状態ですよね。
これは収穫後にブラシで洗浄し
ヒゲ根や泥を落として出荷されるから。

このとき表面の薄い皮が細かな傷となり
剥がれてしまい長く空気に触れると
黒く変色してしまいます。
実がふにゃふにゃしていなく、
硬いのに黒くなるという時の主な原因です。

この場合は黒い皮を厚めに剥いてしまえば
問題なく食べることが出来ますよ。
捨てるなんて勿体無い!


画像のように実が柔らかくなり
黒ずみが出ているのは
鮮度が古くなって乾燥し、
皮が黒ずんでしまったもの。

これも黒ずんだ部分を切り落としたり
皮を剥いてしまえば食べられます。
ただ鮮度も落ち、味も落ちるので
サラダよりも、カレーや煮物など
味をしっかり付けるものがいいですね。

人参は冬が旬の野菜なので
特に夏場の保存は温度によって
黒く変色しやすいです。

スポンサーリンク




コレって腐ってるの?という疑問はこちら
人参がぶよぶよ?ふにゃふにゃ?しなびた?腐った人参の見分け方

乾燥や温度で皮が変色したなら食べられますが
人参が病気のこともあります。
それが「軟腐病」
軟腐病は人参だけでなく、
キャベツや大根、ネギやトマトなど
さまざまな野菜に発生する病害です。

土中の細菌が植物の傷に侵入し
野菜が黒く軟化・腐敗し悪臭を放します。
この病気の場合は短期間で変色し
腐敗化が進み、カビが生えることもあります。
このような場合は勿体無いですが破棄しましょう。
無理してお腹を壊したら元も子もありませんよね。

ちなみにナスはこんな状態のとき食べちゃダメ!
茄子の【黒い種や斑点】どこまで食べられる?腐った状態の見分け方

人参を長持ちさせる保存方法

人参は安価でいろいろな料理に
使えるため、使用頻度も高いのですが
実はとてもデリケートな野菜なので
保存方法を間違えてしまうと
先ほど説明した黒ずみの原因にもなってしまいます。

せっかくなので長持ちさせて
美味しい人参を最後まで楽しみましょう♪

①葉付きは葉を落とす

家庭菜園やご近所さんからの頂き物で
葉っぱがまだ付いている状態なら
まず葉の根元できれいに落としましょう。

葉が付いたままだと栄養や水分が
実から葉に取られていってしまい
可食部分が美味しくなくなってしまいます。

②1本ずつ新聞紙でくるみ、ビニール袋に入れる

水気をしっかりふき取り、
1本ずつ新聞紙でくるみましょう。
新聞紙は余分な水分を吸収し、
光を遮ってくれます。

余分な水分は腐りやすくカビを生む原因に、
光は発芽を促進させてしまいます。

新聞紙でなくてもキッチンペーパー、
広告でも大丈夫です。
保存後、濡れてきたら紙を交換してくださいね。

さらにビニール袋に入れます。
これは乾燥や他の野菜のエチレンガスによる
影響を受けにくくするためです。

もちろんラップたZip袋などでも代用できますよ。

このジャガイモ大丈夫!?
このじゃがいも腐ってる?柔らかくなったものは食べられない?

③立てて保存

人参は土の中で立って育つため
収穫後も縦に伸びようとエネルギーを使います。
そのため横に寝かせて保存するよりも
立てて保存する方が萎びにくくなります

これは他の野菜でも同じで生育状態で
保存することでより長持ちしやすいですよ。

④人参の最適な保存温度は5度前後

人参は冬の野菜なので保存温度も低めです。
夏場は冷蔵庫での保存がベストですが
涼しい季節や冬だったら冷暗所でも十分です
風通しの良い場所で保存しましょう。

泥つきの場合

もしも泥付きの人参の場合は
できれば泥付きのまま保存しましょう。

野菜は収穫前と同じ状態のほうが
保存も長持ちしやすいです。
また洗って水分をしっかり拭き落とす
手間を省くこともできます。

そのため泥付きのものは葉を落とし
土が付いたまま新聞紙でくるんでいき
ビニール袋に入れ保存しましょう。

冷蔵庫での保存のときは
泥が付いているとカビが生えることも
あるので注意してくださいね。

その人参、農薬は大丈夫ですか?
残留農薬・放射能線から食の安全を守る方法!

まとめ

人参が黒くなっているのは
乾燥や温度による皮の変色のことが多いです。
そのため皮を剥いて、変色部分を除けば
十分に食べることが出来ますよ。

しかし黒く変色し溶けてしまったり
異臭がしたりするときは
人参の病気が考えられます。
そのときは勿体ありませんが
破棄しましょう。

人参は保存方法がよければ
夏場なら1~2週間、
冬場なら2~3週間は可能です。

  • 水分
  • 乾燥

特にこの3つに気をつけると
長く保存が可能ですよ!

他にもこんな記事が人気です。
生姜のすごい効能と1日の摂取量は?食べ過ぎると逆効果の理由

スポンサーリンク

コメントを残す