どうもラヴィです。
噛めば噛むほど味が出る、
おやつに昆布を食べると
止められない時があるのですが、
気になるのはその「塩分」

昆布って海産物なので塩分摂り過ぎに
ならないか気になってしまいますよね。

ということは、もしかしてお吸い物や
味噌汁などに使う出し汁にも塩分が?!
今回は昆布の食べ過ぎで塩分の摂り過ぎになるのか?
だし昆布の栄養や塩分量や
だし昆布で上手な減塩方法をご紹介します。

スポンサーリンク

乾燥昆布の栄養と塩分量について

昆布といえば、
日本人の食生活に欠かせない食材で
文献には残っていませんが、
古くは縄文時代以前から食べられていた
とされています。

栄養面でも優れており食物繊維や
ミネラルなど普段の食生活に不足しがちな
栄養素が多く含まれているので
どんどん食べたい食材なんですね。

食物繊維で、よく知られているのは
「便秘に効く」ですよね。
昆布は水溶性食物繊維を多く含みます。

同じく水溶性食物繊維の豊富なこんにゃくは
こんなにすごい食材なんです☆
こんにゃくの栄養と効果がスゴイ♪女性も男性もキレイになる理由

腸の中で刺激し、ぜん動運動を促進し
便秘になるのを防ぐ働きをもっています。
ぜん動運動とは、食物の消化を助ける働きですよ。

昆布の水溶性食物繊維は
「アルギン酸」と「フコイダン」という
海藻特有の食物繊維で
ねばねばしたぬめりが特徴です。

アルギン酸は、ほぼ消化・吸収されないまま
胃から腸へと届き、一緒に食べたものの
糖質や脂質の吸収を抑える働きがあります。
肝臓では脂肪の合成を抑え、脂質の代謝を
正常にする効能もありダイエットや高血圧など
健康が気になる方には優れた食材なのです。

そして腸内の不要なものを便として
体外に排出させることで
便秘の予防だけでなく大腸がんの予防にも
とても有効なのです!

フコイダンは腸から免疫力を高め
アレルギー予防、細菌感染予防、
インフルエンザの予防や
がんの発生・進行を抑える働きにも有効とされます。
また血栓(血管内にできた血の塊)を溶かす
ホルモンを血液内に分泌させ
心臓病・脳梗塞などの予防にも働きかけます。

さらに牛乳に比べ、カルシウムは約6~7倍
鉄分は約39倍も多く含まれるので
成長期のお子様はもちろん、
成人の方、お年寄りの栄養補給にピッタリなんです♪

実は、ではなくやっぱりスゴイ生姜の効能!
でも摂り過ぎは要注意。
生姜のすごい効能と1日の摂取量は?食べ過ぎると逆効果の理由

気になる乾燥昆布の塩分量は?

さて昆布の栄養価がとても優れていて
毎日でも食べたい食材なのは分かるけど
気になるのはその塩分量ですよね。
とくに海のものだけに乾燥して凝縮され
塩分が高そうというイメージ。

食塩というのはナトリウムと塩素からでき、
食品に含まれるナトリウムを食塩量に
換算した値が食塩相当量となります。
この食塩相当量をだす計算式がこちら、
ナトリウム(mg)×2.54÷1,000=食塩相当量(g)

乾燥昆布100g中に含まれるナトリウム量は
およそ2400~3000mg、つまり
3000mg×2.54÷1,000=7.62g
多くとも7.62gの食塩に換算されます。
約8%前後の塩分量だと覚えておくと便利ですね。

しかし乾燥昆布を100g食べるなんてことありえません。
1食または1日に10~20g程度と考えると
およそ0.7~1.4gほどなので
1日あたりの食塩摂取量の目標値の
男性で9g未満、女性で7.5g未満からみても
充分に許容範囲内と言えるでしょう!

10gの乾燥昆布を使った出汁なら
全て出汁を飲みきり、昆布も食べたなら
0.8gほどの塩分摂取量となります。
味噌汁やお吸い物の塩分は
調味料を使用したときで加減されやすいと言えますね。

カップ麺1食分ををスープまで飲みほしたら
およそ5.5gの塩分摂取量になることを考えたら、
昆布で自然の旨みを味わった方が栄養面でも
健康面でも優れていることは一目瞭然ですよね。

海のものって生臭くなるのがネック・・・
でもこの方法で美味しく召し上がれ♪
魚の臭み取りならこの方法!簡単に生臭さを消す方法

昆布だしで上手に減塩する方法


汁物は塩分が高くなるから良くない、
というのではなく、上手に昆布やかつおなどの
うま味を使うことで減塩になるのですよ。

塩気がないとどうしても味気なさが目立ちます。
なので味気なさを補うためにうま味を足すことが重要!

例えば
だしを昆布とかつおぶし、
またあごだしやしいたけだしなど
だしの種類を2~3種の混合だしにします。
混合だしにすることでうま味の相乗効果が起こり
通常よりも 20%の塩分を減らしても
美味しさを損なわなかったという検証も出ています。

うま味物質はたくさんありますが
特に有名なのはこの3つ

  1. 「グルタミン酸」昆布・チーズ・緑茶・トマト・
  2. 「イノシン酸」かつお節や煮干しなど魚類、豚肉など肉類
  3. 「グアニル酸」干し椎茸などの乾燥キノコ

他にもコハク酸は貝類に豊富、
アスパラギン酸は大豆食品や鰹節に多く含まれ
また野菜にもそれぞれのうま味が含まれます。

特にうま味成分を混合するにも
グルタミン酸+イノシン酸またはグアニル酸
この組み合わせは、うま味成分が強くなり
圧倒的にうま味を感じることができ
「うま味の相乗効果」と言うのです。

だしをとった後の昆布、
もしかして捨ててませんか?!
捨てていたら勿体無い!だしをとった後の昆布の活用方法

ただ簡単に使えるからと、市販のだしの素や
コンソメキューブなんかは塩分が含まれています。
だしの素でも食塩不使用のものを選ぶようにしましょう。

また旨みの多い素材を使うことが大切です。
ただの味噌汁でもたまねぎ、トマト、
しいたけなどうま味成分の多い素材を使うことで
味わいや深さ・奥行きなど高める効果があります。

野菜を生で食べるときは農薬が気になりませんか?
野菜や果物の農薬や放射能物質は大丈夫?
本当に安全な野菜やお米食べたいならこちら。
安心・安全な野菜を宅配サービスで!お得なお試しで賢くチェック

スポンサーリンク

まとめ

昆布って塩分が高そうですが
実はそうでもありません。
1食分10gで約0.8gほどです。

昆布だしにしても同じで
その後の味付けによって塩分量は変わります。

上手な減塩方法はうま味を使うこと。
複数のうま味成分を組み合わせることで
素材の味に味わいや奥行きが広がり
塩気がなくても味気ないということはありません。

うま味によって塩分が少なくても
素材の味をしっかりと感じる事ができますよ☆

美味しくだしをとる方法!
苦味やえぐみの原因は?
だしが苦い!?この原因は?美味しいだしをとるポイント