【カリッとフワッ!】魚のムニエル、ベチャベチャにしない焼き方

みなさんムニエルはお好きですか?

どうもラヴィです!
ムニエルといえば魚料理。
私はとくにタラのムニエルが好きなんですが
魚のムニエルって、コツをつかまないと難しい・・・

最初のころは出来上がりがベチャベチャに水っぽくなったりして、ガッカリしたものです。

また魚は、とくに火を通したあと身がやわらかいのでボロボロになりやすいですよね。
他にも外は焦げてしまっているのに、中が生だったり。

そんな悩みで魚のムニエルに苦手意識を持ったりしてませんか?

今回は魚のムニエルをベチャベチャ・ボロボロにしない、上手に焼くコツをご紹介します!
これであなたも1つ得意料理が増えますよ~♪

「【カリッとフワッ!】魚のムニエル、ベチャベチャにしない焼き方」の続きを読む…

【しっとり柔らか】冷しゃぶのお肉が硬くならない簡単なコツ

どうもラヴィです!

冷しゃぶは好きですか?
冷たいお肉でもしっとり柔らか~♪
口に入れたときに、こんな食感だと嬉しいですよね!

でもちょっとしたコツを知らないと、せっかくの冷しゃぶがパサパサで硬いお肉になってしまいます。

しかもこのコツ、めっちゃ簡単!
準備はいつもとほとんど変わりません。

旨みも柔らかさもバッチリの冷しゃぶのコツをご紹介します♪

「【しっとり柔らか】冷しゃぶのお肉が硬くならない簡単なコツ」の続きを読む…

こんにゃくの栄養と効果がスゴイ♪女性も男性もキレイになる理由

こんにゃくはヘルシーでダイエットの味方。
なんて事ぐらいは誰でも知ってますよね。

昔から
「こんにゃくは体の砂払い」
「こんにゃくは男の砂払い」
と言われる、こんにゃく。

砂払い?!
どういう意味か、ご存知ですか?
この意味の中にキレイになる理由も隠されていますよ♪

低カロリーだけでなく、男女問わず”キレイ”になれる
「こんにゃく」
についてご紹介します!

「こんにゃくの栄養と効果がスゴイ♪女性も男性もキレイになる理由」の続きを読む…

こんにゃくセラミドが乾燥肌に効果的!!さらに効果をUPする秘密

冬になると肌がカサカサ。
アトピー性皮膚炎がひどくなる。
そんな悩みを抱える人は多いでしょう。

どうもラヴィです!
私自身もとくに冬は肌が乾燥して困ります。
そんな乾燥肌の改善に効果があるものが気になるのですが
そのひとつ「セラミド」
とくに、こんにゃくセラミドが乾燥肌・アトピー性皮膚炎に効果があるんですって!

ただこんにゃくを食べればいいのでしょうか?
今回はこんにゃくセラミドについてご紹介します!

「こんにゃくセラミドが乾燥肌に効果的!!さらに効果をUPする秘密」の続きを読む…

こんにゃくが生臭い!独特のニオイとあくを同時に消す方法

どうもラヴィです!
自分ではそんな風に思わなかったけど、
というものに「こんにゃくのニオイ」があります。

これ苦手な人が多いですね。
家族に言われて初めて気がつきました。
こんにゃくが生臭いって。

だから煮物とか残してたのか~
(ノc_,・;)ハア

せっかくなら美味しく食べてもらいたい!
今回は”こんにゃくの臭いとあく抜き”についてご紹介します♪

「こんにゃくが生臭い!独特のニオイとあくを同時に消す方法」の続きを読む…

余ったこんにゃくを一番長持ち保存する方法!秘密はあの水!!

ヘルシーで食物繊維も豊富、
海外でも注目されている食材「こんにゃく
みなさんの食卓によく登場しますか?

どうもラヴィです!
こんにゃくは好きですが
ではメインに。
・・・というほど使わないんですよね。
そのためついつい毎回余らせてしまいます。

そんなとき、どうやって保存しますか?
その後どのぐらい保存出来るのか、ご存知ですか?

こんにゃくを無駄にしないためにも
長持ちする保存方法を知っておきましょう♪

「余ったこんにゃくを一番長持ち保存する方法!秘密はあの水!!」の続きを読む…

魚好き要注意!アニサキスアレルギーが増加?症状や治療法とは

どうもラヴィです!

私も魚が大好きですが
魚好きの方がなりたくないアレルギー、
しかし絶対に知っておかないと怖い
アレルギーがあるのをご存知ですか?

それは
「アニサキスアレルギー」
子供よりも大人に多く見られるアレルギーです。
しかも成人になり急に発症することも。

まだご存じないようであれば
知っておいて損はないですよ。
今回はアニサキスアレルギーについて
まとめてみました!

「魚好き要注意!アニサキスアレルギーが増加?症状や治療法とは」の続きを読む…

さんまを食べてブツブツが!アレルギーではなくヒスタミン食中毒とは

どうもラヴィです!

最近、友人から
「さんまを食べてブツブツの蕁麻疹が出た!」
ということを聞きました。

本人もアレルギーなのかな?
なんて心配してましたが、魚を食べて起こる
蕁麻疹や呼吸困難といった症状、
実はアレルギーじゃなく
”食中毒”の可能性もあるのです!!

今回はアレルギーに似た症状を引き起こす
「ヒスタミン食中毒」
についてまとめてみました。

「さんまを食べてブツブツが!アレルギーではなくヒスタミン食中毒とは」の続きを読む…

このじゃがいも腐ってる?柔らかくなったものは食べられない?

どうもラヴィです!

買い置きしておいたじゃがいもが
見た目は変わってないけど
触ると柔らかくなってること
ありませんか?

コレって食べられるのか、
腐ってる状態なのか、
そんな疑問を持ったことありませんか?

ではじゃがいもが腐っているとき
食べられないときはどんな状態なのか
今回はじゃがいもの賞味期限や
ぐにゃぐにゃした柔らかくなったじゃがいも
についてまとめてみました!

「このじゃがいも腐ってる?柔らかくなったものは食べられない?」の続きを読む…

じゃがいもを食べて腹痛!芽や緑化したものは食べられるの?

どうもラヴィです!

じゃがいもの芽は
取ってから調理しましょう☆
っていうこと、聞いたことありませんか?

じゃがいもの芽には毒があります。

また緑色になったじゃがいも
これも毒があります。

食べてしまうと食中毒を起こします。

ではこうなってしまったじゃがいもは
もう食べられないのでしょうか?

今回は
芽が出たり、緑化したじゃがいもに
ついての疑問をまとめてみました。

「じゃがいもを食べて腹痛!芽や緑化したものは食べられるの?」の続きを読む…