寒いときの熱々おでんは美味しいですよね。

でも家でおでんを作ったら、はんぺんが膨らんだ後に固くなってしまい大失敗!

ふわふわのはんぺんを期待していた子供たちにも怒られました。
Σ( ̄ロ ̄lll)

しかしおでんには大根やじゃがいも、ちくわやはんぺんなどの練り物など具がいっぱいあり、何をどのタイミングで入れるの?と疑問を持った方も多いと思います。

そこで今回は、おでんのはんぺんを入れるタイミング、そして美味しいおでんにする具材を入れる順番を紹介させていただきます!

スポンサーリンク

おでんのはんぺんは煮上がる直前にいれる!

はんぺんの美味しさは、あのふわふわとした食感!

その美味しさを保つために、はんぺんをおでんに入れるのタイミングは

『煮上がる直前(1~2分前)』

そして

『フタを絶対にしないこと』

この2点が非常に大切です。

はんぺんと練り物製品はそのまま食べても大丈夫な食材なので、温かいだしでさっと温める程度で大丈夫です。

はんぺんは比重が軽く浮いてきてしまうので、お玉でだしをかけてあげたり時々ひっくり返して、食べる時に冷たくないよう温める程度でOK!

煮過ぎるとはんぺんの食感が悪くなり、美味しさが半減してしまいます。

そしてはんぺんを入れた後に蓋をすると、はんぺんがだしを吸収し過ぎふたを開けた後に一気に萎んでしまい、はんぺんが固くなる原因にもなります。

はんぺんだけでなく、練り物製品を入れたあとは蓋をしっかり被せるのではなく、フタを外すかまたはフタをずらして蒸気が逃げるようにしましょう!

おでんのはんぺんが固くなる・しぼむのはどうして?

おでんにはんぺんを入れるタイミングを注意しないと、加熱しすぎてせっかくのふわふわ食感が無くなってしまいます。

加熱し過ぎるとはんぺんが固くなり、膨らんでその後しぼむ原因になるのです。

この原因は、はんぺんの製造方法が関係してきます。

せっかくなので、はんぺんの作り方を簡単にご紹介します!

●はんぺんの作り方●
はんぺんは魚のすり身、山芋、卵白、調味料(塩、みりんなど)を、空気を含ませるように混ぜ、それをゆでて作られます。

『材料を混ぜているときに含まれた空気』が、はんぺんの特徴であるふわふわ食感を生み出しているのです。

加熱するとはんぺん内部の気泡が大きくなるため、はんぺんが大きく膨らみます。

しかし皿に取り出したり時間が経つと急激にしぼんでしまいます。

これは気泡が大きくなりすぎて、空気を包んでいる壁が破けてしまい、冷却と同時に空気が外に逃げてしまうため、最初の状態よりも縮んでしまうのです。

先ほどもお伝えしましたが、はんぺんを調理するときのポイントはただ1つ、加熱しすぎないこと!

ゆっくり加熱して短時間で仕上げることを意識して行えば、はんぺん本来のおいしさを楽しむことができますよ。

おでんの味がなんか薄い。。。

その原因は具材の下ごしらえかも。

詳しくはこちらに→おでんの味が薄い!なぜ?原因と対処法、おいしいおでんの作り方

美味しいおでんの具材を入れる順番

美味しいおでんを目指すには、他の具材を入れる順番も大切です!

しっかりと出汁の染み込んだおでんには、具材を入れる順番のポイントがありますよ。

(※具材の下ごしらえをしてある状態です!)

➀はじめにダシを吸う食材を入れる

ダシを吸う食材とは

  • 大根
  • こんにゃく(しらたき)
  • ゆで卵
  • たこ
  • 牛すじ
  • 昆布

このような味が染み込むとおいしくなる食材を最初に入れます。

はじめから入れることで、具にダシが染み込む時間が長くなりおいしさがアップします。

弱火でコトコト、沸騰するかしないかぐらいで約30分ほど煮込んだ後に次の食材を入れます。

➁次に軽く煮込む食材を入れる

ダシを吸う食材を入れた後は、軽く煮込む食材を入れます。

  • 餅入り巾着
  • ウインナー
  • ちくわぶ
  • じゃがいも
  • 厚揚げ

これらの具材はダシを出して、おでん全体の味を良くしてくれます。

ただ煮込みすぎるとおでんのダシ汁に味が流れ過ぎてしまうため、それぞれの味がなくなってしまうので注意してください。

そのため煮込み時間は長くても、15分程度にしてください。

もし時間があれば、ここで一旦冷ますと具材に出汁がより染み込み美味しいおでんになりますよ!

➂最後に練り物製品を入れる

最後の最後に練り物を入れます。

  • つみれ
  • さつま揚げ
  • ちくわ
  • はんぺん(食べる直前)

前述した通り、練り物やはんぺんは加熱しすぎると、特徴である食感が失われてしましますので、食べる1~2分前に入れて温める程度にします。

入れる順番を守るだけでも、家庭で美味しいおでんが出来ますよ!

おでんが腐ると、どうなるか知っていますか?

関連記事→おでんはどれくらいで腐る?日持ちするコツや腐った時の見分け方

スポンサーリンク

おでんのはんぺんは食べる直前に入れるのまとめ

おいしいおでんを作るためには、入れる食材の順番が大事ということをご紹介いたしました。

はんぺんはおでんを食べる直前にさっとダシで温める程度で十分です。

煮込み過ぎるとはんぺんの美味しさを損なってしまうので気をつけてくださいね。

おでんを煮る時に入れる食材の順番は、

  • ダシを吸う食材をはじめに入れる
  • 軽く煮込む食材を入れる
  • 最後に練り物(はんぺんは食べる直前)に入れる

となります。

寒い時期だからこそ食べたいおでん。

味が染み込んだ大根、ダシを多くまとったしらたきなど、おでんだからこそ味わえるおいしさを存分に味わっていただけたら嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。