買ってきたキウイの中に、苦かったりえぐみのあるキウイが混ざっていること、たまにありませんか?

甘酸っぱいキウイをイメージして食べたのに苦いと悲しい…

あと管理人はヨーグルトとキウイを混ぜて食べた時にめちゃくちゃ苦くなった経験はあります。

これってキウイが原因なんです。

実はキウイが苦くなるのは状態だけでなく食べ合わせの問題もあるんです!

そこで今回は

  • キウイを食べたら苦みやえぐみを感じる理由
  • キウイ+ヨーグルト=苦い!なぜ乳製品と食べると苦い?他のフルーツは?
  • キウイが苦くならない対処法

キウイの苦みと乳製品との関係性についてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

キウイを食べたら苦みやえぐみを感じる3つの理由

どうもラヴィです!

キウイは食べるにも手軽なのに、ビタミンCや食物繊維・葉酸といったマルチな栄養素が嬉しいフルーツですよね。

ただキウイが甘いか酸っぱいか、はたまた苦いかは食べてみるまで分かりません((+_+))

買ってきたキウイを食べてもほとんど甘いキウイが多いですよね。

でも中には苦いものも。

これは口の中がなかなか衝撃を受けますよ!

キウイに苦みやえぐみを感じる理由は3つ考えられます。

①キウイが熟れていない

キウイの熟しが足りないかもしれせまん。

買ったばかりのキウイは少し固めのものが多いです。

キウイの熟し加減は見た目の色では判断できないので、優しく手のひらで握ってみて弾力を感じるくらいが完熟と言われています。

追熟が足りない場合には、常温で保存するのが良いです。

美味しく追熟させる方法は、

なるべく早く食べごろにしたいときは、りんごやバナナなどと一緒にビニール袋に入れて、室温で2~3日置いてみてください。りんごやバナナが出す「エチレン」*がキウイを食べごろにしてくれます。毎日硬さをチェックして、食べごろになったら冷蔵庫で保管してください。
*エチレン…野菜や果物の生長に不可欠な炭化水素の一種。種子の発芽を促したり、果実を成熟させるなどの働きがあり、収穫後も放出されています。

引用:https://www.zespri-jp.com/howtoeat/choosing/

完熟し食べごろがバッチリのキウイは、甘味が増してほどよい酸味でとても美味しいですよね!

②キウイが熟れすぎ

逆にキウイが熟しすぎの場合に苦みを感じる場合もあります。

熟れすぎて腐ったキウイは中身が発酵してきます。

アルコールのような苦みやえぐみが出てきたり酸味が強くなりますので食べられません。

腐っている場合は表面にカビが生えることもあるので食べる前に確認しましょう。

熟れすぎたキウイやフルーツの活用法を知っておきたくありませんか?

詳しくはこちら→→キウイが熟れすぎでピリピリ!食べれる?原因と熟れすぎたフルーツの活用法

③キウイと乳製品と一緒に食べた

乳製品とキウイを一緒に食べることによって苦みを感じます。

これはキウイのたんぱく質分解酵素が関係するんです!

苦くなってしまう理由は、次でもっと詳しく説明しますね。

キウイ+ヨーグルト=苦い!なぜ乳製品と食べると苦い?他のフルーツは?

先日、食後のデザート用にヨーグルトに生のキウイをトッピングして冷蔵庫で冷やしておきました。

するとヨーグルトキウイがすごく苦くて食べられなかったのです!

思わず口に入れたヨーグルトを出してしまいそうなほど苦いんですよ。

衝撃でした!苦笑

実はこれ、キウイ+ヨーグルトでなくてもキウイ+乳製品であれば苦くなってしまうんです。

その苦みの原因は、キウイに含まれているタンパク質分解酵素「アクチニジン」という成分。

ヨーグルトにはカゼイン・ラクトフェリン・ホエー・必須アミノ酸などのタンパク質が豊富に含まれています。

しかしカットしたキウイをヨーグルトの中に混ぜて、しばらくするとヨーグルトに含まれるタンパク質分解酵素のアクチニジンによって分解され、苦い味の原因である「苦みペプチド」が出てきてしまうんです!

ただ苦くなってしまっても体に悪い成分になった訳ではありません。

安心して食べることができます!

ただ、とても苦いので我慢して食べられるかは別の問題です^^;

苦みペプチドは、ヨーグルトだけでなく乳製品とキウイが混ざるできてしまい、苦味の元になってしまうので注意が必要です。

例えば牛乳とキウイでスムージーを作り少し時間がたつと。同じようにアクチニジンによって苦くなってしまいます。

ちなみに、キウイを使ったゼリーが固まらないのもアクチニジンに原因があります。

ゼリーを作る時に使うゼラチンのタンパク質を分解してしまうため固まりにくくなるんですって!

逆にこの効果を利用して、お肉を柔らかくする方法もあります。

すり潰したキウイをお肉に揉み込んでタンパク質を分解させるんです。

それにより安いお肉でもとっても柔らかくなるんですよ!

硬いお肉を柔らかくするのは、キウイだけではありませんよ!

ぜひ活用してください⇒⇒安いが固い外国産牛肉は漬けるだけで柔らかに!8つの秘訣

実は乳製品と混ぜると苦みが出てしまう現象は、キウイだけでなく他のフルーツでも起こりえます。

代表的なのは、パイナップル・メロン・パパイヤなどのフルーツです。

キウイと同様にタンパク質分解酵素を含んでいるため乳製品と混ぜると苦みが出てしまいます。

要注意ですね!

スポンサーリンク

キウイが苦くならない5つの対処法

乳製品とキウイを混ぜると絶対に苦くなってしまうか?というとそうではありません。

5つの対処法をご紹介しますね!

①キウイと乳製品と混ぜる時は食べる直前に

タンパク質分解酵素のアクチニジンが乳製品のたんぱく質と結合する前に食べれば苦くなりません。

ですので、ヨーグルトにキウイを混ぜるのもカットしたキウイを用意しておき、食べる直前に合わせましょう。

スムージーやミルクシェイクを作るときは、ミキサーにかけたらすぐ飲むこと。

また長くミキシングしないことも大切ですよ。

②黄色いキウイ(ゴールドキウイ)を買う

緑色の「グリーンキウイ」よりも黄色の「ゴールドキウイ」の方がアクチニジンが少ないため、苦くなりにくいです。

また、ゴールドキウイは甘くてジューシーなのが特徴で、グリーンキウイより酸味も少ないですよ。

③キウイを加熱する

キウイを加熱することによって、アクチニジンの作用は弱くなりますので苦みを感じなくなります。

加熱するならキウイジャムがおすすめです!

潰したキウイと砂糖・レモン汁を鍋でコトコト煮詰めるだけで出来ちゃいますよ。

電子レンジでも簡単に作ることが可能です。

➃キウイをはちみつ漬けにする

キウイのまわりをはちみつでコーティングすることにより、乳製品と混ざってもアクチニジンが作用しにくくなるため苦くなりません。

はちみつ漬けにしたキウイと牛乳をミキサーにかければ、美味しいミルクシェイクの完成ですね♪

⑤キウイの缶詰を使う

缶詰のキウイはシロップでコーティングされているため、はちみつ漬けと同様に苦くなりませんよ。

キウイはビタミンCたっぷりで美肌効果やアンチエイジング効果などにも効果的です。

1日2個までがお腹や肌にベストな摂取量ですよ♪

詳しくはこちら→→キウイの食べ過ぎは下痢に?!一日2個までがベストの理由

まとめ:キウイにヨーグルトを混ぜて苦いのは酵素が原因

キウイは乳製品と混ぜるとタンパク質分解酵素によって苦みが出てしまうんですね。

生のキウイを冷凍してもタンパク質分解酵素はなくならないため、苦くなります。

1番簡単なのは、加熱してしまうこと。

加熱をするとアクチニジンの働きを阻害してくれるため、乳製品と混ぜても苦くなりません。

アンチエイジングや腸内環境改善などさまざまな良い効果があるキウイ。

苦くない方法で美味しくいただきましょう♪

キウイはお弁当にもいいですよね。

他にもフルーツをと、桃を入れて変色してしまったことはありませんか?

桃を変色させない方法はこちら→→桃をお弁当に持っていくには?変色はどう防ぐ?黒くならない方法