もうシワシワにしない!トマトと違う?ミニトマトの長持ち保存方法☆


どうもラヴィです。

ミニトマトって、
口の中に甘酸っぱい果汁が広がって
美味しいですよね^^

でも放ったらかしにしてしまい
皮がシワシワになってしまうことありませんか?

今回はミニトマトをシワシワにしない
長持ちできる保存方法についてご紹介します!
ほかにもシワシワになってしまった
ミニトマトを復活させる方法もご一緒にどうぞ☆

スポンサーリンク


ミニトマトの保存方法、常温?冷蔵庫?

先日、ミニトマトの詰め放題をしていたので
袋パンパンになるまで入れて購入。
しかし常温に置いておいたため
あっと言う間にシワシワ~&やわやわ~!
Σ( ̄ロ ̄lll)

と、これを聞くと常温保存がダメに聞こえますよね。
いえいえ、実はそうではないのです!

スポンサーリンク




ミニトマトを常温で追熟、保存方法

もしミニトマトがまだ熟してなく緑色の場合、
もっと赤くしたいときは常温で追熟させましょう☆
緑色のミニトマトを冷蔵庫に入れると
低温障害を起こしやすくなります。

低温障害とは冷蔵に不向きな野菜が
褐色、斑点、水っぽくなるなど
品質劣化が起き栄養価も下がることです。

追熟させることで甘みも増します。
トマトの赤はリコピンの赤!
リコピンにはダイエットからがん予防まで
私たちの健康、美容に欠かせません!
→→→トマトに含まれるリコピンって?高い効能で美肌&ダイエット効果

minitomato06

気温が25℃ぐらいまでならミニトマトを
常温保存でも長持ち出来ます!

しかし1つだけポイントが。
「直射日光を避け、ザルに入れて保存」

ミニトマトをお皿やタッパーに入れ
常温保存をすると、
空気が循環せず湿気がたまります。
湿気はミニトマト保存の大敵!
腐らせたり実割れの原因にも。

必ずザルに入れておくのがポイント☆
1週間は大丈夫ですよ。

また気温が高いとすぐミニトマトの水分が
飛んで皮がシワシワになるので
そんなときは冷蔵庫保存がいいでしょう!

ミニトマトを冷蔵庫で保存

ミニトマトは常温保存でも大丈夫です。
でもホコリも気になるし、
やっぱり冷蔵庫が安心する。
という人も多いでしょう!

冷蔵庫で保存する場合は
先にヘタを取って洗ってから保存すると
使うときに取り出すだけの簡単手間なしです。

1・ヘタを取りよく洗う
2・キッチンペーパーで水気をよくふき取る
3・タッパーにキッチンペーパーを敷く
4・(3)のタッパーにフタをして冷蔵室で保存

野菜室ではなく”冷蔵室”で保存しましょう♪

長持ちしてシワシワ具合いが少ないです。
しっかり水気を取るのもポイント!
余計な水分が実割れする原因ですから。

コレなら朝の忙しいお弁当の作業中も
取り出して入れるだけで済んでしまいますね。

ミニトマトはトマトよりも栄養価も高いので
お弁当にも、メイン料理の彩りにも
もっといろいろな場面で食べてほしい野菜です。
→→→ミニトマトは栄養価が高い!美肌成分も豊富なトマト以上の健康効果

長期保存させたいなら冷凍保存

もっと長く保存させたい場合、
大量にあって食べきれないとき、
それなら「冷凍」してしまうことがおススメ!

ミニトマトも冷凍保存できます。

1・ヘタを取り洗う。
2・よく水気をふき取り、冷凍保存バッグに入れる
3・袋の空気を抜き封をして冷凍する

約1ヶ月は大丈夫です☆

ミニトマトは冷凍すると簡単に皮が剥けます。
ソース、煮込み料理に使えます!
冷凍のままアイスのようにシャリシャリ食べると
ハマッてしまう美味しさですよ。

加熱するとトマトは旨みが増しますよ♪
→→→トマトのリコピン吸収は生よりも加熱で向上!嬉しい3つのメリット

管理人おススメはスムージー♪
冷凍ミニトマト+グレープフルーツ+オリゴ糖
この3つをミキサーにかけます。

冷凍ミニトマトなので氷を入れなくても
ひんやり出来て、薄まらないスムージーです☆
ガスパチョも良いですよね。

シワシワミニトマトの復活方法

しまった!
シワシワミニトマトになってしまった・・・

そんなときはこの方法で復活してみましょう!

1・水で洗う
2・軽く水気を残し皿などに移す
3・2時間ほど常温で放置

たったコレだけ^^
シワは水分が飛んでしまってできたもの。
水気を与えてあげると戻るのです。

といっても、鮮度も戻るわけではないので
早めに食べきってしまいましょう☆

まとめ

ミニトマトは常温でも保存可能です
真夏以外は大丈夫。

でも心配と言う人は
ヘタを取り、洗ってフタ付きタッパーで
冷蔵室で保存しましょう。
これならそのまま取り出して使えるので
お手軽ですよ♪

たくさんありすぎて食べきれない!
そんなときは冷凍保存がおススメです。
冷凍後は加熱調理やスムージー・スープ
といった調理法にむいています。

ミニトマトにはリコピンが豊富、
特にオレンジのミニトマトがより豊富です。
→→→ミニトマトの赤と黄色は栄養が違う?甘くて育て易い品種はコレ!

スポンサーリンク

コメントを残す