新鮮で美味しいアスパラガスの見分け方!穂先の張り具合とオスとメス

asparagus

どうもラヴィです!
春から初夏にかけてアスパラガス
美味しい季節です。

アスパラベーコン、アスパラの炒め物
美味しいアスパラレシピはたくさんあります。

でもせっかく同じ金額を払うのなら
少しでも良い状態の食材を購入したいですよね♪
美味しいアスパラガスは甘くて筋っぽさを
感じさせないとても美味しい野菜です。

そこで今回は春を感じる新鮮で
美味しいアスパラガスを見分ける
ポイントをご紹介します!

スポンサーリンク



新鮮なアスパラガスを見分ける5つのポイント

アスパラガスは成長が早く
1日で数cmも伸びる為
収穫してからの劣化がとても早いのです!

購入する際も以下の5つのポイントを見比べ
新鮮なアスパラガスを選びましょう。

①穂先が固く締まっている

アスパラガスは収穫後も呼吸をするため
劣化が著しいです。
特に顕著にあらわれるのが「穂先」

穂先がシナッとしおれていたり
穂先が開いてしまっているのは
アスパラガスを収穫してから
時間が経っている証拠。

穂先が固く締まっているハリのある
ものを選びましょう♪

②鮮やかな緑色

asparagus2
アスパラガスはクサキカズラ科の多年草。
毎年、春になると芽が伸びてきた部分を
収穫し食用となります。

このとき日光が当たれば鮮やかな緑色になり
日光を遮らせ、成長すれば白色のまま伸びていきます。

グリーンアスパラガスの場合
鮮やかな緑色のものが鮮度も良いです。
収穫後、日が経つと黄色味を帯びてくるので
購入の際には気をつけましょう!

ただ穂先やハカマは紫色がかっていますが
日光を浴びた証拠なので問題ありません。

③茎が太くて固く重い

アスパラガスは太さによって規格が
変わっています。
このとき太いほうが商品価値も上がります。
これには、より太い方が甘みも強く
美味しいからです。

重量も、同じ大きさなら重いほうが
みずみずしさを保てています。

アスパラガスの鮮度は収穫時から
どんどん落ちていってしまいますが
茎が太い方が新鮮さや甘みを維持しやすいです。

選ぶときは太く固く締まった
重いアスパラガスを選びましょう☆

卵の鮮度の見分け方知ってます?
→→→卵の賞味期限は?一人くらしでも安心の腐った場合の見分け方

④はかまが少ない

アスパラガスの「はかま」ってご存知ですか?

茎にある穂先に1枚のような三角形のものです。
これは葉が退化したもの。

この”はかま”が少なく、
正三角形のものが生育状態が良いので
そのような点も注意しましょう♪

⑤切り口がみずみずしい

アスパラガスは根元を切って収穫されます。

ということは、根元の切り口を見れば
鮮度も分かります。

乾燥して、色が黄色や黒っぽく変化したのは
収穫してから時間が経っている証拠。

選ぶときは、切り口がみずみずしく
丸く、中心が白く外側が緑色のものが
新鮮な状態です。

レタスやキャベツも切り口で鮮度が分かります!
→→→キャベツやレタスの切り口や中心が変色!防止方法は?食べられる?

スポンサーリンク


アスパラガスはメスの方が栄養価が高い!

先ほどまでは新鮮なアスパラガスについて
ご紹介しました。

でも新鮮と栄養価は別だったりしますよね?

実はアスパラガスは雄株と雌株に
分かれている雌雄異株の野菜。
ひと株ずつ性別が分かれています。
asuperge
市場に多く出回っているアスパラガスは
「オス」のアスパラガス。
穂先に隙間がある筆のようなものがオスです。

でも、より栄養価が高いアスパラガス
実は「メス」なんです!
オスとの違いは、穂先が締まっていて丸っぽい
それがメスのアスパラガスです。

メスの方が収穫数が少ないため
より栄養価が詰まっています。
特にビタミンCが豊富です。

なぜ市場に出回っているのが
オスばかりなのかというと、
安定して収穫できるメリットがあるため。
農家の方もたくさん収穫できる
オスの方が収益にもつながりますからね。

スーパーでメスのアスパラガスを見かけたら
買いは決定ですよ♪

まとめ

新鮮なアスパラガスを見分けるには
5つのポイントがあります。

  1. 穂先が固く締まっている
  2. 鮮やかな緑色
  3. 茎が太く固く重い
  4. はかまが少なく正三角形
  5. 切り口がみずみずしく変色していない

この5点をチェックしてみてくださいね。

またアスパラガスには
「オスとメス」
があります。

性別を見分けるには穂先。
穂先が筆のように隙間があるのがオス。
穂先が締まって丸っぽいのがメス。

もし選べたらメスを購入しましょう!
より栄養価が高いです。

残念ながら市場の多くは
オスのアスパラガスばかりです。
メスを見かけたらぜひ買いましょう♪

他にも鮮度を見分けるコツの記事はこちら
→→→新鮮で美味しいブロッコリーの見分け方!見極める5つのポイント

スポンサーリンク

コメントを残す