このじゃがいも腐ってる?柔らかくなったものは食べられない?

potato01

どうもラヴィです!

買い置きしておいたじゃがいもが
見た目は変わってないけど
触ると柔らかくなってること
ありませんか?

コレって食べられるのか、
腐ってる状態なのか、
そんな疑問を持ったことありませんか?

ではじゃがいもが腐っているとき
食べられないときはどんな状態なのか
今回はじゃがいもの賞味期限や
ぐにゃぐにゃした柔らかくなったじゃがいも
についてまとめてみました!

スポンサーリンク



じゃがいもが腐っている状態とは

じゃがいもを触ってみたら
柔らかくて大丈夫なのか
心配することってありますよね。

私もじゃがいもを大量にいただいた時
何日か経って残りのほうになると
柔らかく芽が出始めてたりするので
食べてもいいのか心配した経験があります。

ぐにゃぐにゃ柔らかいじゃがいもでも
腐っているわけではありません!

じゃあ腐っているじゃがいもって
どんな状態かと言うと
・茶色や黒く変色している
・茶色っぽい汁が出ている
・異臭がする
・カビが生えている

というように一見してヤバイ見た目です!
腐って実が溶けてしまったときなんて
けっこうな悪臭があるので分かると思います。

では柔らかくなったじゃがいもは
食べることが出来るのでしょうか?

スポンサーリンク


ぐにゃぐにゃ柔らかいじゃがいもの原因

じゃがいもが柔らかくなる原因は
水分が抜けてしまったため

通常、じゃがいもは冷暗所で保存しますが
貯蔵している間にもどんどん水分は抜けてしまいます。

その間じゃがいもの休眠期間が終わると
芽も出始めてきます。

芽には毒があるので絶対取り除いてくださいね!
じゃがいもを食べて腹痛!芽や緑化したものは食べられるの?

ぐにゃぐにゃしていても
皮を剥いてみて、身がきれいな
白っぽくクリーム色
していたら
問題なく食べられますよ♪

たくさん剥きすぎてしまったとき
保存方法を間違えると変色の原因ですよ。
切ってしまったじゃがいも、保存可能?おすすめ冷蔵・冷凍方法

柔らかくて皮が剥きにくいようなら
水に浸しておけば少しハリが戻ります。
皮も剥きやすくなるでしょう。

ただ、ぐにゃぐにゃと柔らかく
芽が出てしまったものは
栄養も芽に取られ
美味しくないことが多いです。

しかし、しわしわのじゃがいもでも
低温で貯蔵した”越冬じゃがいも”
というのもあります。

じゃがいものデンプン質を糖分に変える
働きを利用しているのですが
普通のじゃがいもより糖分が高く
甘みが強いのが特徴です。

冷蔵庫保管もあれば、
雪や氷を利用した保管など
じゃがいも自体が凍らないための
自己防衛を逆手に取っているのです。

4~5月になると出回るので
ぜひお肉料理の付け合せに使いたいですよね!
極上ステーキに変身!!安い輸入牛肉でも美味しく焼く方法
安いが固い外国産牛肉は漬けるだけで柔らかに!8つの秘訣

まとめ

じゃがいもが柔らかくなっていても
腐っているわけではありません。

腐ったじゃがいもは
・茶色や黒く変色している
・茶色っぽい汁が出ている
・異臭がする
・カビが生えている
というように見た目も大きく変わっています。

もちろん腐ったものも食べられませんが
じゃがいもの芽や緑色のものは
毒があるので注意しましょう!

柔らかいじゃがいもでも皮を剥いて
きれいなクリーム色や白っぽければ
問題なく食べられますからね!

スポンサーリンク

コメントを残す