我が家にもリアル寄生獣?魚につく寄生虫と対策法

kiseityu

どうも、ラヴィです!
新鮮な魚の刺身やお寿司
美味しいですよね~。

けれど、美味しいお魚のうらには
ちょっと危険なヤツも隠れていることも。

新鮮な野菜にアオムシがついてくることがあるように
新鮮な魚には寄生虫がついてくることがあるのです!

釣りをする人ならよくご存知でしょうが
この寄生虫たちの存在を知らず、
スーパーで買ってきた切り身や刺身に虫がいたら・・・

ちょっと恐怖ですよね ゜(´□`。)°゜

なかには、あの「寄生獣」さながらな
寄生虫もいるからビックリです!

今回は寄生獣ならぬ「寄生虫」のおはなしで~す。

スポンサーリンク



まるで寄生獣?!寄生虫「ウオノエ」とは?

アジ・タイ・サヨリなど、
どれも美味しい魚ですよね♪

そんな魚たちに寄生するウオノエという寄生虫がいます。

魚の口の中や体の表面・エラなどに
寄生することから、魚の餌のように見え
「魚の餌:ウオノエ」とか
「鯛の餌:タイノエ」と呼ばれます。

昔の人ならよくご存知なポピュラー?な寄生虫です。

しかし見た目が・・・
これこそTHEリアル寄生獣(虫)!!

uonoe

かなり大きめですよね。
このウオノエは魚の体液を吸い、
貧血・栄養障害・発育阻害などを引き起こします。

そう聞くと恐ろしく感じますが、
しかしこの寄生虫は人体には無害
見つけたら取り除けば問題ナシ。

しかも食べられるのだとか。

大分県の水産研究部養殖環境チームが
過去いろいろな寄生虫を試食してみたところ
なんとマダイの口の中に寄生した
ウオノエが1番美味しかったそうです。

空揚げにすると「卵がいっぱい詰まった旬のシャコのような味で、殻ごとパリパリいけて最高」
引用:http://karapaia.livedoor.biz/

とはいえ、もし買ってきた魚に
ウオノエがいても空揚げにしてみたくは
ないですね(A;´・ω・)

スポンサーリンク


事前に取り除かれている寄生虫たち

スーパーで買ってくる魚の切り身が主流と
なっている今、なかなか魚の寄生虫の話を
聞かないかもしれないですね。

なぜ、パックの魚たちに寄生虫がいないのか?!

それは
下処理中に発見されたものは、
一つ一つ取り除いているからなのです!!
魚屋さんの地味な仕事のおかげで、
私たちは不快な気持ちにならないのですね。

もしも購入した切り身に見つけた場合も
取り除けば大丈夫!

切り身って傷みも早いですよね。
そんなときの美味しさを保つ保存方法をご存知ですか?
【魚の切り身の保存方法】この一手間で美味しさを保つ!

そして多くの寄生虫は、
魚を-20℃で24時間以上冷凍をするか
70度以上で加熱することで死滅します。

冷凍した肉や魚は
ぜひ美味しさを保つ解凍方法をお試しください☆
【絶対試すべき!】氷水解凍で肉や魚を美味しく解凍する

でも新鮮なお刺身やお寿司を楽しみたいですよね!

生食をすることで寄生虫を
生きたまま体内に入れてしまい、危険な状態になることも!!

釣り初心者の方や、
丸ごと1匹を調理する際は気をつけないといけません。
新鮮であればあるほど危険?!アニサキスとは?
魚好き要注意!!アニサキスアレルギー増加中!

魚の寄生虫対策

fish (2)
寄生虫の多くは魚の内臓に寄生します

しかし魚の死後、寄生虫は異変を察知し
内臓をつきやぶり、身の筋肉層に移動します。

間違って寄生虫を口にしないための
対策法をまとめてみました。

釣りたての魚の場合

①釣った直後にシメて、内臓を出す
寄生虫の多くは内臓にいます。

釣った魚はすぐシメて内臓を取り出し、
身に移る危険を減らします

②釣った直後、氷締めする
釣り中に内臓処理をしたくない人もいますよね。

氷締めといって、魚を
たっぷりの氷入り海水に入れ即死させる締めかたです。
簡単でしかも鮮度を保てるという
方法なのでおススメです。

1匹丸ごとを購入した(もらった)場合

①内臓をすぐ取り出す
寄生虫率の高い内臓はすぐに処分しましょう。

②刺し身を細かくする
なるべく薄切りにして
寄生虫を目視して取り除きます。

他に
・細かく切りたたいた「たたき」や「なめろう」
というのは
物理的に寄生虫を死滅させるのに有効ですよ。

淡水魚の場合

淡水魚の寄生虫は
人体被害をおよぼすものが多いです。

生食はおススメできません!

まとめ

魚の寄生虫の多くは人体に無害です。
きちんと把握しておけば怖いことはありません。

しかし中には「アニサキス」のように
気をつけないといけない寄生虫もいます。

生食するときには十分に気をつけてください。
寄生虫対策として冷凍も有効ですが、
鮮度が変わってしまいますよね・・・

よく見て、細かく切るか咀嚼するなど注意も払いましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す