ピーマンの栄養で美容効果!加熱調理でもビタミンPで肌老化を防止

どうもラヴィです!

春でも冬でも
紫外線って気になりますよね~。
紫外線を浴びると日焼けからの
シミ・シワ・乾燥肌と肌の老化が一目瞭然!!

老化は防ぎたい!

そんな方には「ピーマン」がおすすめ☆
ピーマンに含まれるたくさんのビタミンで
美肌・美容効果に優れています。

今回は
ピーマンの栄養について、
加熱しても壊れないビタミンCの謎

ピーマンを食べたくなる情報をご紹介します♪

「ピーマンの栄養で美容効果!加熱調理でもビタミンPで肌老化を防止」の続きを読む…

赤ピーマンとパプリカは違う?色によって違うパプリカの栄養と効能

どうもラヴィです!

はじめてパプリカを見たとき
「でっかいピーマンだな」
と、みなさん思いませんでした?

甘みもあり普通のピーマンより
食べやすいし、何よりカラフル!
パプリカがあるとお皿が華やかになりますよね。

では赤ピーマンと赤パプリカって
何が違うのでしょう?

実はピーマンより栄養価が高い
”パプリカ”
今回はそんなパプリカとピーマンの違いや
パプリカの栄養や効能についてご紹介します!

「赤ピーマンとパプリカは違う?色によって違うパプリカの栄養と効能」の続きを読む…

【恐怖】ゴマにダニや虫が混入?!賞味期限と安全な保存方法

どうもラヴィです!

前回の記事で小麦粉は未開封でも
ダニの侵入がありえる事をお伝えしました。

う~ん、
ダニと聞くだけで体がむず痒くなります。
アレルゲンにもなるコナダニは
命にも関わるほど怖い存在。

しかしコナダニが繁殖する場所は
小麦粉だけでは無いのです!

他に気をつけたい食品が
「炒りゴマ」や「すりゴマ」
といったゴマ製品。
開封後、意外にも使い切るまでの
時間がかかってしまいます。

保存状態によっては
コナダニや虫の混入、繁殖の危険があります。

今回は
ゴマの保存方法、賞味期限についてご紹介します。

「【恐怖】ゴマにダニや虫が混入?!賞味期限と安全な保存方法」の続きを読む…

白ごま・黒ごまの違いは?すりごまで栄養を無駄にしないレシピ

どうもラヴィです!

先日、
白ごまプリンと黒ごまプリンは
どっちの方が美味しいのだろう?
って疑問に思い食べ比べてみたのですが
「どっちも美味い~♪」

って、そうではなく
うちの食卓でも頻繁に登場する「ごま」
では白ごま黒ごまでは
どちらが栄養価が高いのでしょう?!

さらに金ごまなんてものもあるではないですか。
このごまの種類には、どんな違いがあるのか?!
気になりませんか?

せっかくなら健康に良いものを使いたいですよね。
今回は
白ごま・黒ごま・金ごまの違い、
効率よく栄養価を摂取する方法、
美味しいレシピをご紹介します♪
「白ごま・黒ごまの違いは?すりごまで栄養を無駄にしないレシピ」の続きを読む…

ゴマの食べ過ぎはダメ?過剰摂取で肥満やアレルギーの原因

どうもラヴィです!

ゴマのプチプチ食感、香ばしさ、
美味しいですよね。

ゴマは健康食品としても
よく聞きかじるのではないでしょうか?

しかし体に良いからといって
安易に摂り過ぎてしまうと
逆に弊害を得てしまうことも。

今回は
ゴマを食べ過ぎると肥満の元、
ゴマはアレルギー原因にもなる、

ということをご紹介します。

「ゴマの食べ過ぎはダメ?過剰摂取で肥満やアレルギーの原因」の続きを読む…

なぜカレーは胃もたれの原因に?胃に優しいカレーにする食材

どうもカレー大好きラヴィです。
しかし最近、カレーを食べると胃もたれが・・・

これも寄る年波に勝てないと言うこと?
と、ショックを受けていたのですが
実は原因は別のところにあることも。

今回は
カレーを食べて胃もたれする原因、
胃もたれしないカレーにするには?
というカレーにまつわる話をご紹介します。

「なぜカレーは胃もたれの原因に?胃に優しいカレーにする食材」の続きを読む…

もうシワシワにしない!トマトと違う?ミニトマトの長持ち保存方法☆

どうもラヴィです。

ミニトマトって、
口の中に甘酸っぱい果汁が広がって
美味しいですよね^^

でも放ったらかしにしてしまい
皮がシワシワになってしまうことありませんか?

今回はミニトマトをシワシワにしない
長持ちできる保存方法についてご紹介します!
ほかにもシワシワになってしまった
ミニトマトを復活させる方法もご一緒にどうぞ☆

「もうシワシワにしない!トマトと違う?ミニトマトの長持ち保存方法☆」の続きを読む…

ミニトマトの赤と黄色は栄養が違う?甘くて育て易い品種はコレ!

どうもラヴィです!

トマトの種類は世界では8000種以上あるといわれます。

その中でも1つ40g以下の小さなトマトは
「ミニトマト」「プチトマト」といわれます。

ミニトマトも赤いものだけでなく
いろいろな種類が出回ってますよね。

黄色に緑に紫色。
さまざまな色がありますが
色と栄養に違いはあるのでしょうか?

緑や黄色のミニトマトは赤色のミニトマトの
未熟なものなんでしょうか?

今回はそんな疑問解消に
「ミニトマトの色の違いと栄養」
「家庭菜園に向いてる甘い品種」

についてご紹介します!

「ミニトマトの赤と黄色は栄養が違う?甘くて育て易い品種はコレ!」の続きを読む…

ミニトマトは栄養価が高い!美肌成分も豊富なトマト以上の健康効果

どうもラヴィです!

前回の記事でトマトのリコピンの
スゴい健康、美容効果をご紹介しました。
リコピンで美肌もダイエットも可能なんです。

しかしトマトの上をいく食材が
あることを知っていますか?!

それは「ミニトマト」
トマトより小さくて、可愛らしい
見た目に栄養なんてあるの?
と疑問に思うかもしれませんが
ちっちゃなトマトが
トマト以上の栄養価なんです☆

今回は
「ミニトマトの栄養価、健康効果」
についてご紹介します♪

「ミニトマトは栄養価が高い!美肌成分も豊富なトマト以上の健康効果」の続きを読む…

トマトのリコピン吸収は生よりも加熱で向上!嬉しい3つのメリット

どうもラヴィです。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」
1度は聞いたことありませんか?

熟れたトマトを食べると医者にかかる機会を
減らしてくれるほど栄養があるよ、
という話からこの言い伝えになったほど。

それだけトマトには健康、美容効果があります。
でももしかしたら勿体無いトマトの食べ方してませんか?

実はトマトは加熱して食べたほうが
いろいろと嬉しいメリットがあるのです。
今回は
「トマトを加熱してリコピンの吸収UP方法」
「加熱したトマトの嬉しいメリット」
をご紹介します!

「トマトのリコピン吸収は生よりも加熱で向上!嬉しい3つのメリット」の続きを読む…