生姜のすごい効能と1日の摂取量は?食べ過ぎると逆効果の理由

どうもラヴィです!

生姜というと薬味に欠かせない食材ですよね。
ピリッとした辛味が、料理を引き締めてくれます。

生姜は古くから世界のあちこちで
薬代わりに用いられていた食材。
日本でも中国から伝来し、
奈良時代には栽培がされていたそう。

そんな生姜の効能はとてもスゴイのです!
よく冷え性に良いと聞きますよね。
それだけでなく、いろいろな効能があります。

今回は
生姜の効能、1日の摂取量、
逆に食べ過ぎるといけない理由
などご紹介します!

「生姜のすごい効能と1日の摂取量は?食べ過ぎると逆効果の理由」の続きを読む…

茄子の【黒い種や斑点】どこまで食べられる?腐った状態の見分け方

こんにちは、ラヴィです。

茄子は好きですか?
焼き茄子、マーボー茄子、茄子の煮浸し
ほかにもいろいろな料理に使えて重宝するお野菜です。
管理人も大好きです。

でもよく、スーパーで購入した茄子を
外見はきれいなのに切ってみたら「黒い斑点」が!
あと「黒い種」がいっぱいのときもあります。

これって食べられるのか?心配ですよね。

今回は
茄子の種や茶色く変色する理由
そして
新鮮な茄子の見分け方をご紹介します。

「茄子の【黒い種や斑点】どこまで食べられる?腐った状態の見分け方」の続きを読む…

なめこは洗う?腐るとどうなる?洗う場合と加熱処理する理由

先日なめこを洗うか?
洗わないか?で夫婦喧嘩したラヴィです!

友人一同に聞いてみると
意外にも分かれるではないですか!?
洗う派と洗わない派。
みなさんはどっちですか?

実際のところ、これってどっちが正しいのでしょう?
今回は素朴だけど意外に悩む
「なめこは洗うべきか?」
また
「なめこは生で食べてはいけない理由」
「なめこが腐るとどうなる?」
「なめこの賞味期限」
など、ご紹介します!

「なめこは洗う?腐るとどうなる?洗う場合と加熱処理する理由」の続きを読む…

なめこで便秘解消?美容・美肌効果と便通も良くなる健康効果

こんにちはラヴィです。

3~4日便通がなくて、お腹が張って苦しい・・・
便秘を知らない人には
たかが便秘と、軽視されますが
便秘から大病を患うこともあるので
放っておくと危険なことも!

管理人は軽い便秘体質。
でもある食べ物を食べたときには
スッキリ~な腸内環境に^^

その食べ物は「なめこ」
なぜなめこが便秘解消になるのでしょう?
しかも便通だけでなく「美容」にも良いのです♪

今回は
なめこに含まれる美容効果と
便通解消といった健康効果をご紹介します!
「なめこで便秘解消?美容・美肌効果と便通も良くなる健康効果」の続きを読む…

ピーマンの栄養で美容効果!加熱調理でもビタミンPで肌老化を防止

どうもラヴィです!

春でも冬でも
紫外線って気になりますよね~。
紫外線を浴びると日焼けからの
シミ・シワ・乾燥肌と肌の老化が一目瞭然!!

老化は防ぎたい!

そんな方には「ピーマン」がおすすめ☆
ピーマンに含まれるたくさんのビタミンで
美肌・美容効果に優れています。

今回は
ピーマンの栄養について、
加熱しても壊れないビタミンCの謎

ピーマンを食べたくなる情報をご紹介します♪

「ピーマンの栄養で美容効果!加熱調理でもビタミンPで肌老化を防止」の続きを読む…

赤ピーマンとパプリカは違う?色によって違うパプリカの栄養と効能

どうもラヴィです!

はじめてパプリカを見たとき
「でっかいピーマンだな」
と、みなさん思いませんでした?

甘みもあり普通のピーマンより
食べやすいし、何よりカラフル!
パプリカがあるとお皿が華やかになりますよね。

では赤ピーマンと赤パプリカって
何が違うのでしょう?

実はピーマンより栄養価が高い
”パプリカ”
今回はそんなパプリカとピーマンの違いや
パプリカの栄養や効能についてご紹介します!

「赤ピーマンとパプリカは違う?色によって違うパプリカの栄養と効能」の続きを読む…

もうシワシワにしない!トマトと違う?ミニトマトの長持ち保存方法☆

どうもラヴィです。

ミニトマトって、
口の中に甘酸っぱい果汁が広がって
美味しいですよね^^

でも放ったらかしにしてしまい
皮がシワシワになってしまうことありませんか?

今回はミニトマトをシワシワにしない
長持ちできる保存方法についてご紹介します!
ほかにもシワシワになってしまった
ミニトマトを復活させる方法もご一緒にどうぞ☆

「もうシワシワにしない!トマトと違う?ミニトマトの長持ち保存方法☆」の続きを読む…

ミニトマトの赤と黄色は栄養が違う?甘くて育て易い品種はコレ!

どうもラヴィです!

トマトの種類は世界では8000種以上あるといわれます。

その中でも1つ40g以下の小さなトマトは
「ミニトマト」「プチトマト」といわれます。

ミニトマトも赤いものだけでなく
いろいろな種類が出回ってますよね。

黄色に緑に紫色。
さまざまな色がありますが
色と栄養に違いはあるのでしょうか?

緑や黄色のミニトマトは赤色のミニトマトの
未熟なものなんでしょうか?

今回はそんな疑問解消に
「ミニトマトの色の違いと栄養」
「家庭菜園に向いてる甘い品種」

についてご紹介します!

「ミニトマトの赤と黄色は栄養が違う?甘くて育て易い品種はコレ!」の続きを読む…

ミニトマトは栄養価が高い!美肌成分も豊富なトマト以上の健康効果

どうもラヴィです!

前回の記事でトマトのリコピンの
スゴい健康、美容効果をご紹介しました。
リコピンで美肌もダイエットも可能なんです。

しかしトマトの上をいく食材が
あることを知っていますか?!

それは「ミニトマト」
トマトより小さくて、可愛らしい
見た目に栄養なんてあるの?
と疑問に思うかもしれませんが
ちっちゃなトマトが
トマト以上の栄養価なんです☆

今回は
「ミニトマトの栄養価、健康効果」
についてご紹介します♪

「ミニトマトは栄養価が高い!美肌成分も豊富なトマト以上の健康効果」の続きを読む…

トマトのリコピン吸収は生よりも加熱で向上!嬉しい3つのメリット

どうもラヴィです。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」
1度は聞いたことありませんか?

熟れたトマトを食べると医者にかかる機会を
減らしてくれるほど栄養があるよ、
という話からこの言い伝えになったほど。

それだけトマトには健康、美容効果があります。
でももしかしたら勿体無いトマトの食べ方してませんか?

実はトマトは加熱して食べたほうが
いろいろと嬉しいメリットがあるのです。
今回は
「トマトを加熱してリコピンの吸収UP方法」
「加熱したトマトの嬉しいメリット」
をご紹介します!

「トマトのリコピン吸収は生よりも加熱で向上!嬉しい3つのメリット」の続きを読む…