キャベツの芯や外側の葉は栄養が高い!美味しく変身する方法


どうも、ラヴィです!

スーパーでキャベツを購入するとき、
外側の葉を捨てられるようにしていますよね。
あなたは捨てていますか?
それとも外側の葉も料理しますか?

実はキャベツで一番栄養価が高いのは
外側の葉と芯。
捨てるなんてもったいない!!

外側の葉は硬くて美味しくなさそう。
なんて言わないで、
無駄なく美味しく使えるレシピもたくさんあります。

今回は
捨てては損!
キャベツの芯や外側の葉についてご紹介します。

スポンサーリンク


キャベツの外側の葉は栄養価が高い!

キャベツにはたくさんのビタミンが含まれます。

とくに胃腸薬でも有名な
「キャベジン(ビタミンU)」
は、潰瘍の回復にとても効果ある栄養素。
油っぽいとんかつには千切りキャベツ添え。
これはとても理にかなった献立なのです。
苦くない千切りキャベツにする方法

胃や腸の働きを良くし調子を整えることは
肌環境も良くすることにつながりますからね。

そして肌に良いビタミンCも豊富です!

  • シミの予防や改善、美白効果
  • コラーゲンの産生の促進
  • にきびの予防や抑制
  • 毛穴を目立たなくさせる

と、女性には欠かせない栄養素ですよね。
実はこのビタミンCの含有量、
キャベツの外側から内側の葉では
含まれる量が変わってきます。

cabbege01
100g中のキャベツにビタミンCは
外側の葉(55mg)>芯葉(51mg)>内側の葉(38mg)
という順に含まれるので
外側の葉、芯を捨てるなんて考え直してくださいね!

そして外側の緑の濃い葉の色素には
「βカロテン」が多く含まれている証拠。

  • がん予防効果
  • 夜盲症予防効果
  • 美肌効果
  • 成長促進効果

と健康に欠かせない栄養素ですよ♪

外側の葉に農薬は残っている?

外側の葉を食べることに抵抗がある人の
多くは農薬が気になってしまうからでは
ないでしょうか?

多くの農家さんでは収穫時、
キャベツの茎を切り落とす際に
1番外側の葉は地面の残します。
この葉が1番農薬を被っている可能性があります。

また店舗に並べる際にも
場合によっては、もう1~2枚剥がしています。

キャベツは結球したら、
内側が成長していく野菜です。
農薬を受けた外側の葉は
購入者のところでは大きく外されます。

キャベツを洗わなくても大丈夫
というのも同じことから言えますよ。
キャベツは洗うべき?

とはいえ、目に見えないものの為
心配は大きいですよね。

使用前に水洗いをしっかりする。
茹でこぼしをすることで
農薬を落とすことが出来ますよ。

スポンサーリンク




キャベツの芯や外側の葉を美味しく変身♪

キャベツを美味しく活用するレシピを
知っていれば、外側の葉も芯も
捨てないで済みますよね。

調理する前には泥や埃
また虫がついていることもあるので
調理前には、しっかり洗いましょう!

またどうしても残留農薬が気になる
という人は、沸騰した湯で30秒~1分茹でこぼしましょう

ビタミンの事を考えると生食がおススメです。
しかし外側の葉は繊維も多く硬いので
炒めたり、煮たりした方が食べやすくなりますからね。

【味噌汁・スープ】

misosiru (2)
細かく切ってスープの具。
これは1番お手軽ですが
栄養も逃さず摂れるのでおススメ!

【浅漬け】

繊維質もあるので浅漬けはぴったり♪
他の野菜も加えれば彩りもよく
箸休めになる1品です。

【餃子】

gyoza
いつもの餃子の野菜を
キャベツの外側の葉に変えるだけ!
1度茹でこぼして、水気をしっかり切り
細かく刻めば、遜色は何もありませんよ♪

【炒め物】

太めの千切りにして塩もみしておきます。
好みで豚肉や油揚げを加えて
フライパンで炒めます。
だしの素、しょうゆ、鷹の爪で味を調えるだけ。
仕上げに、ごま油・ゴマを振ると香りもUPです!

他にもスパムと炒めたり
卵と炒めたり、応用は利くのが嬉しいですね。

【キャベツ入りメンチカツ】

これは管理人もよくするおススメの1品!
いつものメンチカツに
刻んだキャベツを加えます。
ただそれだけ。
あとはパン粉など衣をつけ揚げます。

あっさりとしたメンチカツになるので
家族も大好きですよ♪
最近は胃にも優しい料理が好きなんです。
肉料理で胃もたれの原因はコレ!翌朝もスッキリの対処法

同じく「ブロッコリーの茎」も
捨てられがち。
茎は栄養の宝庫なので
美味しく食べきってくださいね☆
ブロッコリーの茎は蕾より美味しい!

まとめ

キャベツの外側の葉、芯は内側の葉より
栄養価が高いです

例えば、ビタミンCは外側の葉が
1番多く、次いで芯の部分です。

細かく刻んだり、千切りにすれば
炒めてもスープでも美味しくいただけますよ♪

スポンサーリンク

コメントを残す